大阪狭山市 西山台の歯医者 片岡歯科医院 皆様の健康を守るために丁寧な診断、治療を心がけます!訪問歯科診療も行っております


大阪狭山市?西山台の歯医者?片岡歯科医院?診療案内

小児歯科
将来、健全な永久歯を正しくはやすために、ご家族様への十分な説明と、お子様とのコミュニケーションを十分にとりながら、歯科治療はもちろん、ブラッシング指導やフッ素塗布など虫歯を作らないよう予防を行っていきます。
一般歯科
歯が痛い、冷たいものがしみる、詰め物が取れた、歯茎から血が出る、歯が欠けたなどの治療が「一般歯科」になります。一度失った歯は二度と戻る事はありません。症状が悪化し激痛を感じる前に早期の治療が大切です。
虫歯治療
治療法はむし歯ができた場所や大きさによって様々ですが、まず、今ある歯を出来る限り削らず保存する事を考え、不必要に歯を削らず、最小限で最大限の治療効果が得られるよう努めております。
虫歯の原因と進行
進行度:C1 歯の表面のエナメル質だけがムシ歯になっている状態です。歯の表面がザラついたり、シミや小さな黒い点ができますが、痛みはありません。ごく初期なので、ムシ歯になっている部分だけを削って、穴をつめて治療をします。
進行度:C2 歯のエナメル質をやぶり、その下にある象牙質にまで進行した状態です。この状態になると、冷たい水や甘いものなどを食べるとしみるようになります。また、食べ物を噛んだ時などに痛みを感じることもあります。C1と同じく、歯冠部の治療で完了します。
進行度:C3 歯髄という歯の神経に達し、炎症が起きます。穴が深く、大きくなるためいつも痛むようになります。神経を残すことが最良の方法と考え、出来るだけ神経を抜かない努力をします。昔は悪い歯はすぐ抜いていましたが、できるだけ歯を残すという考えで、このような治療を行います。
進行度:C4 ムシ歯がもっとも進行した状態です。歯の根(歯根)の部分だけが残って歯髄は腐敗しています。このためアゴの骨までやられると痛みが出たり腫れたりします。健康な歯質がある程度残り、歯根の長さが十分ある場合は、出来るだけ残す努力をします。
健常な歯 進行度:C1 進行度:C2 進行度:C3 進行度:C4
健常な歯 進行度:C1 進行度:C2 進行度:C3 進行度:C4
ムシ歯について詳しく知りたい方は、当医院所属の日本歯内療法学会ホームページ
歯周病治療
成人の80%以上がかかってしまうといわれる歯周病は、ハグキから血が出る、歯がぐらつく、疲れがたまると歯が浮いた感じがする、歯がざらつく、ハグキが赤く腫れたなどの症状がでます。歯磨き指導や、歯石を取るといった治療をいたします。
歯周病の原因と進行
軽度歯周病 歯とハグキの間に歯垢や少量の歯石がたまり、ハグキ炎症が起こり、赤く腫れたり出血したりします。
中等度歯周病 歯周ポケットが形成され、歯石が深部まで付着し歯を支えている骨が破壊され始めます。軽度に比べ歯茎の腫れ、出血、膿が出る事があります。
重度歯周病 歯を支える骨が溶けて後退し歯がぐらつき、このまま放っておくと歯が抜けてしまいます。このため、噛むと痛くて物が噛めないようになります。
健常な歯周 軽度歯周病 中等度歯周病 重度歯周病
健常な歯周 軽度歯周病 中等度歯周病 重度歯周病
歯周病について詳しく知りたい方は、当医院所属の日本歯周病学会ホームページ
レーザー治療
当院が使用しているレーザーは、Er:YAGレーザーです。これは色々なレーザーがある中で、唯一、歯を削ることが認可されたレーザーです。水を併用するので痛みの発生が最も少ないレーザーとして評価されています。生体組織の水分に対する反応が高く、発熱が少ないため、表面が黒く焦げるなど周囲の組織への影響がほとんどなく、安全性の高いレーザー装置といわれています。治療時は虫歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます。また、歯だけでなく歯周病など多くの治療に用いられています。
レーザー治療について詳しく知りたい方は、Er:YAGレーザー臨床研究会ホームページ
セレック治療
3D光学カメラを使用して患部を撮影しコンピュータで詰め物や被せ物といった修復物を作製します。短時間で修復物を作製することができ、ほとんどの症例は即日装着が可能です。もちろん金属ではなく上質なセラミックを使うため、耐久性も高く、金属アレルギーの心配もありません。
※咬合状態やムシ歯の状態によって即日が不可能な場合もあります。
予防歯科
むし歯や歯周病の予防を目的とした治療です。定期的に検診を受けていただく事で、痛くなる前に、悪くなる前に治す、ケアすることで生涯ご自身の歯で食事が摂れるようにサポートいたします。「虫歯予防」「歯周病予防」「咬み合わせ・歯並びの予防」など、病気になる前から予防する事は、口の中だけでなく健康を維持する積極的な治療と言えます。
フッ素塗布
フッ素は虫歯に強い歯を作る性質を持っており、定期的に歯に塗ることで歯質を強化する事ができます。この方法は、市販の歯磨材と違い、歯に直接フッ素を塗りますので、効率的に歯にフッ素を取り込むことができます。
定期健診
口もとは自分の内面を表情として表し、他人に何かを伝える重要な働きをしています。さて、その美しい口もとを、台無しにするのがムシ歯です。発音や、かむことにも支障をきたします。そこでどうしたらムシ歯にかからないで済ませられるか、どのようにして歯を守っていくかを科学的に考えプログラムを作ることが重要になります。
ムシ歯になって、何回もイヤな経験をし、そのつど治療費を払い、しかも時間がかかります。そんな歯が、何回かの治療を繰り返していくうちに、抜かなくてはならなくなります。だから考え方を変えましょう。歯を削らなくてもよいように、ムシ歯になるのを予防して、歯を守ってゆく方が大きな得になる、ということに気付いてください。
インプラント
インプラントとは、顎の骨に人工的な歯根を埋め込む事により、歯を失った方も再び自分の歯でしっかり噛むことができるようになる治療方法です。美味しいものをしっかり噛んで食べられる喜びは何事にも替え難いものです。
インプラント治療の流れ
Step.0 レントゲン撮影や歯型の採取等を行ない、お口の状態を診断します。診断の結果を踏まえて治療の方針を決定し、ご説明します。
Step.1 インプラントを顎の骨に植えるために、局所麻酔をしてから、歯茎を開きインプラントと同じ大きさの穴を骨に形成します。
Step.2 骨の穴にインプラントを埋め込み、しっかりと固定します。
Step.3 インプラントと骨がしっかり結合し安定するまで約10〜24週間待ちます。
Step.4 お口の中の型をとり、あなたにあった人工歯を製作し、インプラントに取り付けます。インプラント治療終了後も、定期検査をしながらきちんと管理を行っていきます。
インプラント治療 ステップ1 インプラント治療 ステップ2 インプラント治療 ステップ3 インプラント治療 ステップ4
Step.1 Step.2 Step.3 Step.4
矯正歯科
歯の矯正治療とは、「矯正装置」を使用し、人工的に一定の力をかけ続けることにより歯を動かし、歯並びや咬み合せを治す治療法です。歯の位置不正は、歯周病やムシ歯の原因になるのはもちろん、肩こりなど健康に影響を与えやすいです。
歯の矯正治療は、審美性を改善するとともに、歯としての機能性も改善します。また、全身の健康回復にも関係してくることもあります。
矯正歯科 詳細ページへ
大阪府 大阪狭山市 西山台の歯医者 片岡歯科医院 皆様の健康を守るために丁寧な診断、治療を心がけます!富田林市、堺市からも是非ご来院ください
Copyright (c) KATAOKA DENTAL CLINIC All rights Reserved.