診療概要
Diagnosis and Treatment

当院の診療方針

医療法人片岡歯科医院では、診断と検査を最重視しております。 そのため歯周病検査、口腔内写真撮影、顔貌写真撮影、途中、術後、口腔内全体のレントゲン撮影、歯型の型取りと上顎歯列の位置記録(FACEBAWトランスファー)、下顎安定位の採得、Gothicarch採取による水平顎位記録、咬合器装着による咬合診査、矯正治療の場合は頭部X線規格レントゲン撮影をなどを行います。将来的にはCT撮影による気道の分析、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査、後期高齢者には口腔機能検査を実施しております。検査結果はパソコンなどで表示し説明しております。口腔全体を見た治療方法をご説明しております。

当院の診療方針

一般歯科診療

歯が痛い、冷たいものがしみる、詰め物が取れた、歯茎から血が出る、歯が欠けたなどの治療が「一般歯科」になります。一度失った歯は二度と戻る事はありません。症状が悪化し激痛を感じる前に早期の治療が大切です。

一般歯科診療

レーザー治療

当院が使用しているレーザーは、Er:YAGレーザーです。これは色々なレーザーがある中で、唯一、歯を削ることが認可されたレーザーです。水を併用するので痛みの発生が最も少ないレーザーとして評価されています。生体組織の水分に対する反応が高く、発熱が少ないため、表面が黒く焦げるなど周囲の組織への影響がほとんどなく、安全性の高いレーザー装置といわれています。歯だけでなく歯周病など多くの治療に用いられています。

レーザー治療

セレックによる治療

3D光学カメラを使用して患部を撮影しコンピュータで詰め物や被せ物といった修復物を作製します。短時間で修復物を作製することができ、ほとんどの症例は即日装着が可能です。もちろん金属ではなく上質なセラミックを使うため、耐久性も高く、金属アレルギーの心配もありません。

セレックによる治療

訪問歯科診療

高齢になると認知症や寝たきりなど、口腔内の環境が大きく変化を生じやすくなります。若い時以上に口腔ケアが重要になります居宅、施設に関わらず訪問歯科診療を実施しています。外来診療と差がないように設備も取り揃えております。
きりの診療所などと連携して実施

訪問歯科診療

歯科矯正診療

歯の矯正治療とは、「矯正装置」を使用し、人工的に一定の力をかけ続けることにより歯を動かし、歯並びや咬み合せを治す治療法です。歯の位置不正は、歯周病やムシ歯の原因になるのはもちろん、肩こりなど健康に影響を与えやすいです。
歯の矯正治療は、審美性を改善するとともに、歯としての機能性も改善します。また、全身の健康回復にも関係してくることもあります。

歯科矯正診療

小児歯科矯正診療

マウスピース式の矯正歯科治療器具を用いた「プレオルソ」こども歯ならび矯正法は、小児(4歳から10歳ぐらいまで)の歯並びを悪くしている口周りの筋肉を訓練することで歯を動かす矯正治療のことです。
永久歯に生え変わってからでは、全ての歯に装置をつけるいわゆる「本格矯正」になりますが、この治療法であれば小児の骨の軟らかい時期に使うことで、非常に大きな効果が期待できます。

小児歯科矯正診療

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は男性に多く、若い時に比べ下顎や喉のあたりが太った方、下顎が後方にある出っ歯の方いびきをしているお子様、いびきが止まる方、起床後眠たいのが続く集中できない、イライラするなどの症状が出ます。

睡眠時無呼吸症候群

▲Page Top